『特別なコーヒーに置換え』続けやすい血糖値対策はコレ

2018年10月31日

Supported by 株式会社ミル本社

「パパ、子供のためにも健康でいてね」

健康診断で言われた「食生活の見直しや適度な運動」

外食で低糖質を続けるのは大変。

いつからだろう?若い頃のように簡単にやせづらくなってきた。

やることリストが増えていく。とはいえ、まだ若いから大丈夫だろう・・・

 

男性は約3人に1人、女性は約5人に1人

厚生労働省の調査によると男性は約3人に1人、女性は約5人に1人が血糖値に関連する健康のリスクがあると言われています。

厚生労働省が発表している平成28年「国民健康・栄養調査」より
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189.html

 

110mg/dL以上になると健康のリスク

食後の血糖値の目安は140mg/dl未満と言われています。
血糖値を測定するといえば、多くの場合健康診断で測定すると思いますが、健康診断で測定する血糖値は空腹時血糖といって、検査当日に朝食を抜いた状態で測定しているものです。

この空腹時血糖値の目安としてはは世界保健機関(WHO)や日本では110mg/dL以上になると健康のリスクが出てくると言われています。

 

運動は30分 x 週5日、45分 x 週3日

定期的な運動は血糖値を下げることができますが、ガイドラインですすめられてい運動量は30分の有酸素運動を週に5日、45分の筋トレを週に3日とかなりハード

 

野菜 → 肉・魚 → ご飯の順に食べる

野菜・海藻・きのこ → タンパク質 → 炭水化物の順に食べるようにすると、血糖値を効率的に管理できることをどこかで聞いたことはありませんか?

これは、野菜などの食物繊維が糖質・脂質の吸収をおさえ、魚や肉で血糖値を下げる準備を整えたあと、ご飯などの炭水化物をよくかんでを食べると食後の血糖値を抑えることができるというとてもお手軽な方法でおすすめです。

 

「置き換え」という選択肢

その他の選択肢として、食後の飲み物を特別な「コーヒー」に置き換えて、血糖値対策をする方法があります。

 

一般のコーヒーとは違い、この特別なコーヒーは血糖値が緩やかに上昇していることが調査結果からも確認することができます。

 

実はこの特別なコーヒーは「日本人間ドック健診協会」も推薦しており、消費者庁許可のトクホでもあるんです。

 

味にも定評があり、これまでで1億杯飲まれている大ヒット商品。

また、一杯51円という価格なので、無理せずに美味しく続けることができます。

『健康はトラブルが起きたあとの治療するよりも、継続できる予防の方がはるかにメリットがある』とよく言われますので、こういった継続できるアイテムを活用することが幸せの一歩かもしれません。

はじめての方であれば、今ならWEB限定で60杯半額でゲットすることができますので、このキャンペーンをお見逃しなく。

トクホのコーヒー、公式サイトはこちら>>

 

Supported by 株式会社ミル本社